ネットショップを運営するなら【ECコンサル会社を利用しよう】

ネット事業のアドバイザー

ネット社会で生き残るには

男性

これからネットで事業展開しようと考えている方は、ネット経営をコンサルティングするECコンサルの利用をオススメします。
ECコンサルは、ネット商法のスーパーバイザーのようなもので、ネット上でいかに自分や会社の事業をスムーズに展開させるかを、指導してくれます。
ネット通販やフリマサイトが好調なように、ネットで商品を購入するユーザーは増加傾向です。
最近では主婦などの一般の方が、手が空いた時間を利用してネット販売でお小遣い稼ぎするなど、気軽にできる時代になりました。
このため、ネット上で事業展開をしている方は、法人や個人を問わず非常に多くなっており、今後も増加傾向は続くでしょう。
そこで、自分や会社のショッピングページやサービス紹介ページを、検索上位に表示させ、少しでも多くの方にマイページ訪問をしてもらう事が成功への道です。
このような手法をSEO対策といいますが、検索表示システムの仕組みなどを理解している方でないと、対策を立てるのはなかなか難しいでしょう。
また、売れる時間帯や品揃え、ターゲットとする顧客層などの分析もする必要があります。
このため、安定した事業運営をネット上で行い、厳しい競争を生き抜くにはECコンサルのような、ネット経営に精通した方の力を借りる事も必要です。
ECコンサルは、既に事業展開している企業や個人、これから新規で事業を立ち上げる方など、個別に対応してくれます。
ECコンサル会社は各社でホームページを立ち上げており、事業内容や支援説明、相談するための連絡先やメールフォームなどが、詳しく記載されています。
運営会社の概要や方針、料金面などを考慮しながら、運営会社選択と申し込み手続きに進むと良いでしょう。

売上アップのために

スーツの人

ECサイトを運営していても、費用がかさむばかりで売上が思うように伸びないと悩んだときは、ECコンサルティングの活用を検討してみましょう。
ECコンサルティングとは、ECサイト向けのアドバイスを主な業務としており、ECサイトを運営していく上での問題点を見つけ、その解決案を提案してくれる会社です。
ECコンサルティングを行っている会社によって、得意不得意分野が若干あるものの楽天からアマゾン、ヤフーから自社サイトと幅広く請け負っているところが多いです。
特にECサイトの運営代行まで依頼するときは、どの分野のECサイトに強いのか調べておくといいでしょう。
ECコンサルタントの年代は、大手の企業に属していると20代と比較的若い世代が多く、中小企業になると比較的30代から40代が多くなります。
そして、大手のECコンサルティング会社では担当してくれる年代は20代と若くなるものの、集めているデータ量が多くデータを重視したい場合は大手がおすすめです。
逆にデータよりもECコンサルタントの質を重視したいときは、会社の規模は考えずに実績や評判などを参考に探してみましょう。
ECコンサルにかかる費用ですが、毎月固定で3万円から5万円ほどだとメールや電話ベースでの対応になります。
これに加えて、毎月実際に会って面談を行う場合は、月10万円から20万円ほどと高いです。
その他に、ECサイトの売上がアップするとその成果分だけ報酬を支払うシステムの会社もあります。

自社の商品の売上アップ

スーツの人

ECコンサルは、コンサルティングの1つですが、これまでのコンサルティングと大きく異なるポイントがあります。
それは、ECコンサルはインターネットを利用して、自社の商品を販売したい企業を対象としたコンサルティングという点です。
ECとは、電子商取引という意味であり、ネット上での契約や決算を実施するシステムを指します。
言い換えると、ECコンサルとは、ネット上での商品売買についてアドバイスを行う仕事といえます。
ネットと利用して、収益を高めるための専門的な対策を、依頼者に示す必要があります。
依頼された企業の商品やサービスの特色をしっかり把握した上で、どのようなユーザーに、如何なる戦略で宣伝するかを相談しながら決定してくれます。
そして、ネットの検索エンジンにまつわるデータを利用して、如何にサイトのアクセス数をアップさせるかを意図するのもECコンサルの業務です。
なぜ近年、ECコンサルの需要が高まっているかといえば、ネットを利用したオンラインショップの市場規模が関係します。
2015年に経済産業省が実施した、電子商取引に関する市場調査によると、15歳以上の日本人の3分の1以上が、インターネットを利用して何かの商品を買った事実が存在します。
そして、2015年の企業と一般消費者の間での電子商取引でのネット通販の市場規模は、およそ13兆8000億円とされています。
これは2014年と比較して、7.6%増になります。
このように、オンラインショッピング市場が年々活発になっており、ECコンサルの役割も高まっているのです。